和室に合ったカーテンで和テイストの空間づくり
ロゴ

雰囲気を統一させるなら和室に合うカーテンを選ぼう

和室にもカーテンは必要

和室と言えば障子があるからカーテンは不要だと考える人もいますが、紫外線があたってしまうと畳は傷んでしまいます。そのため、畳を長持ちさせたいと考えるのであればカーテンは必須だと言えるでしょう。

和室に合うカーテンランキング

レディ
no.1

グリーンカラーのカーテン

畳の色と同じようにグリーンカラーのカーテンが最も多い人気を集めています。また、無地のカーテンを使用する人もいればリーフ柄のカーテンを選ぶ人もおり、和の空間をより際立たせることができるでしょう。

no.2

すだれタイプ

和を醸し出すすだれタイプも和室に設置する方が多く、インテリア性を崩すことなく素敵な和の空間をつくり出せることから人気を集めています。

no.3

ベージュカラーのカーテン

馴染みのあるカラーになっているため、和室の雰囲気を崩す心配がありません。和室だけではなく洋室にも使用することができるため、ベージュカラーの購入者は少なくないと言えます。

no.4

ブラウンカラーのカーテン

ベージュカラー同様にアースカラーにあたるブラウンもナチュラルな仕上がりになるため、和室の雰囲気を壊しません。重みを感じるといった場合は透け感のある生地を用いたカーテンにすると良いでしょう。

no.5

シェードタイプ

シェードタイプのカーテンはロールカーテンと違ってたくし上げていくため、オシャレなタイプと言えるでしょう。

和室に合ったカーテンで和テイストの空間づくり

男性

雰囲気を崩さないことが大事

和室にカーテンをつける場合、基本的にはアースカラーを選択するようにしましょう。和室にショッキングカラーのカーテンを使用してしまうと雰囲気を壊してしまうので、色に注意することが大切です。どういったものが良いのか迷ってしまう場合は和室に合うカーテンを専門にしている通販サイトをチェックすると良いでしょう。色々なタイプのカーテンを取り扱っている他、写真も掲載されているので参考にすることができます。

インテリア

インテリアに注意

カーテンだけではなく、和室のインテリアにも注意しなければなりません。家具を設置する場合なども和室に合ったものを置く必要があるので、色合いやデザインを確認した上で購入することが望ましいと言えます。また、希望の家具が見つからないといった場合はDIYも良いでしょう。今や多くの人が行なっているDIYは自分でつくることを意味し、好みの家具が見つからないのであれば作成するという選択も可能です。

家具

コストが抑えられる

DIYであれば既製品を購入するよりも安くなることがあるため、費用を抑えたいといった際に役立ちます。DIY木材や工具類を販売している店舗に行けば金物や塗料も全て購入することができるので、足を運んでみると良いでしょう。

DIY女子の口コミ

室内

つくるのが楽しいです

日曜大工ってお父さんみたいって思ってて今まで興味がなかったのですが、DIYが流行ってから興味を持ち自分でつくることにしました。自分で色々アレンジもできるし世界に一つだけの家具がつくれるのでとてもオススメですよ!あと女性でも簡単に使える工具とかもたくさんあるので、力も必要いらないです。

広告募集中